AGAの育毛剤ランキングを掲載したサイトがたくさん存在します

AGAとは男性ホルモンにより発症するものなのですが生活習慣や食生活にも大きく影響されます。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するには血流が重要となります。

髪に必要な栄養も血流によって運ばれてくるためAGA治療をしている人は血流の改善に努めなければいけません。

運動不足やストレスは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮が硬くなってしまったりうっ血してしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージや入浴などが有効です。

AGAとは成人した男性に見られる脱毛症のことで女性の発症例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあると言われていますので治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることで効果が発揮されるというものになります。

AGAの脱毛部分にはDHTが高濃度に存在しておりこの成分のせいでヘアサイクルの成長期が短くなってしまうと考えられます。

成長期が短くなると頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうので全体的に細く短い頭髪が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は100%自己負担ということになります。

AGA治療が日本で開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなかったためひと月1万円近くの費用がかかりました。

又、保険適用外の医薬品は市販の市販薬と同じ扱いとなるため値段は各販売店で自由に設定することができます。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり販売店によっては数千円の価格差も生じるのです。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので再診料や診察料も都度発生します。

AGA治療に励もうとする場合毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりと言う食生活では栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂り亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛はレバーや牛肉などに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑制してくれるほかリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルが配合された塗り薬があります。

プロペシアは病院で医師の診察を受けて指示書や処方箋をもらわないと買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医師の診察は不要なので病院へ行かなくても買う事ができます。

ミノキシジルには飲むタイプもありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

内服薬のミノキシジルは個人輸入で購入できますがトラブルが遭っても自己責任になってしまうのでお勧めできません。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

保険適用外のため費用はかかってしまいますが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

でも、プロペシアは副作用が心配で...という人にはミノキシジルという薬がオススメです。

この薬もプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められていますので信頼できる薬品です。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認可されているのは外用のものだけとなっています。

日本皮膚科学会がガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるのでプロペシアを使う前にどのような副作用があるのかを知っておくことが大切です。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアはそもそもが前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの数値に誤差が生じる可能性もあります。

この他にも長期間の服用で男性なのですが乳癌を患ったりアレルギーや鬱の発症も副作用として起こり得るとされています。

できるだけ安くAGA治療をしたいのなら医薬部外品を使うのが良いと思います。

数多くのメーカーからミノキシジル配合の製品が販売されていて薬剤師がいる薬局なら処方箋なしで買うことができます。

ネットではミノキシジルの個人輸入を紹介するサイトもありますが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので保険適用薬で同様の薬効があれば代用することも可能です。

日常生活を規則正しく送り飲酒を控えることもAGA治療には有効です。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる内服薬を使いDHTの生成を抑えることで薄毛治療を進めていきます。

参考:【AGA遺伝子検査キット】同封書類の確認と内容の解説

その他にはミノキシジルを含んだ外用薬を用いて頭皮の血行を促進させ細胞分裂を活性化させるという治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。

AGAのCMに起用された最初の芸能人といえば爆笑問題のお二人でしたよね。

爆笑問題の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげでAGA治療も一般的になりAGAの治療中と公言している芸能人の方も増えましたよね。

最近では、育毛剤のCMに二枚目俳優さんやロックシンガーの方の起用も増えてきたのでAGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。

AGAは親から遺伝するものですから根本治癒することはありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為遺伝子を組み替えない限りはAGAは治りません。

ですから、AGA治療をやめてしまえば脱毛や薄毛は、再び進行してしまうのです。

そうは言っても、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルも医薬品なので副作用の心配がありますから、一生使い続けるのは危険です。

飲み薬であるプロペシアは肝機能障害などの副作用がありますので結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

AGAは遺伝により発症しますので個人の体質が大きな要因となるのは間違いありません。

AGA治療は進行を食い止める対症療法なので根本的に完治はありません。

そのため、AGA治療を休止してしまうと再び進行しはじめてしまいます。

しかし、AGA治療薬にも副作用の危険性はありますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですから、ある程度の所まで発毛して薄毛が改善したらAGA治療を途中でやめるという決断をするのも1つの方法です。

AGAの治療は市販されている養毛剤や育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の先生に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアで扱っている医薬部外品よりも高い効き目が期待できます。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を使い続けるよりは確実に結果を期待できます。

又、薬だけではなく日常生活でも頭皮ケアをすることによってさらに効果が上がるのでおすすめです。

規則正しい生活はもちろんのこと、ストレスを溜めないことや食生活を見直してみると良いでしょう。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を起こすことがあります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が合っていないのではないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛というのは薬効がではじめたという事ですので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜け落ちる毛は細く弱い髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルを使用した場合でも同様の副作用があります。

AGA治療は保険適用外の自由診療なので治療費は全額自己負担になります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回あたり3000円程度の受診料がかかります。

更にプロペシアが1錠250円(万有製薬公表価格)なので診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。

ミノキシジルは医薬部外品なので薬剤師がいるドラッグストアなら問題なく買う事ができます。

大正製薬のリアップX5はミノキシジルを5%も配合しているので効果が期待できますがプロペシアと同額程度の高価格な出費になります。