レーシック老眼治療は保険適応外です

健康保険が使えればいいのですが、視力矯正に関しては、メガネやコンタクトレンズと同じで保険適用はされていません。
保険適用外なので、レーシック老眼治療の価格というのは、病院やクリニックによってかなりのばらつきがあります。
いまのところ、この先もレーシック老眼治療に対して、健康保険が適用されることはないというのが実情です。
ですから、レーシック老眼治療に関してすべて健康保険が適用されないということではないので、常に保険証は持っていくようにしましょう。
ただし、これは健康保険の場合だけであって、医療保険に加入していたり生命保険の特約が付いている場合は、「手術給付金」の対象になることがあります。
「感覚器官・視覚器官の手術」のような特約で、レーシック老眼治療でも給付金を受けられる可能性があるので、保険会社に相談してみましょう。