住宅ローン審査の必要書類には嘘偽りなく記入しよう!

住宅ローンの申請時にはいくつかの必要書類を記入する必要があります。
その際に大切な事が「嘘偽りのない報告」をする事です。
これは当たり前の事ですが、中には「借入が今現在少しあるけど、審査に落ちるかもしれないから少しサバを読んで記入しよう」と人間の心理が働く場合もあります。
ですがたとえどんな事でも虚実を記入した時点で、ローンを組んでもらえる事はほぼ確実に無くなります。
住宅ローンの審査落ちた理由として「虚実があった」事が挙げられるのは、こうした理由からです。
やはり「信頼合ってのローン」という事を忘れてはいけません。
今現在借入がある人は恥ずかしがらずに「嘘偽りなく正確に記入」する事が大切となります。
たとえ隠したとしても銀行や消費者金融には履歴がまる見えなので、信頼を失う行為は絶対に行わない事が大切です。
審査が厳しい住宅ローンの基準を通るコツは?