フラット35sの適応条件とは?

フラット35sは、2015年2月9日から、エコなどの基準に適合した新規物件に対して金利引き下げを行っているものです。
条件の内容によってAプラン(10年引き下げ)とBプラン(5年引き下げ)として受付、融資をしています。
エコ住宅としての機能や性能、耐震性、耐久性、バリアフリー化などに基準や等級が設定されています。
ローン融資対象の物件が、基準に適合しているか検査を受けて申請することになります。
ですから、業者が建て主から委任状を受けて申請すると言うやり方がスムーズかと思います。
住宅金融支援機構と金融機関の提携によって提供されているローンですから、長期固定金利で返済計画が立てやすいのが魅力です。
特に、今は低金利化が進んでいるので狙い目です。