ランドセル選びのポイントは?夏には売り切れる?

最近では何かを選ぶ際に通販サイトなどの口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びでも一緒です。

初めてラン活をする際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと評判通りではないこともよくあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、実際にどう作られているかを知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方はメーカーを先に決めてしまうことです。

1、2社なら情報を集めるのも比較的楽なはずです。

夏が来て来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期になりました。

おそらく最初はインターネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということにびっくりするのではないでしょうか。

クラリーノを生産しているクラレの調査によると2016年度入学する子供の平均価格は45000円以上だったようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応がメインのサイズになり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目やデザインにこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーが売れてきています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのものが人気のようです。

他の人と被りにくくしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では様々な色やデザインが登場しています。

では、定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、水色や紫といった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保っています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

皆さんが子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の売り場へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負った時に軽く感じるかや丈夫さなどがわかりにくく6年間の使用に耐えることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍や金具のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、色の細かい違いも売り場の方がわかりやすいです。

皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?社会人の方のほとんどがランドセルだったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると少し前までは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあって何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

例えば、購入時のアンケートではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう軽さとはランドセル本体ではなく背負った時に軽く感じるかです。

年々、夏休みなど購入ピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれる人気のランドセルは生産可能数などの問題から売り切れる前に早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどのメタリックカラーからオーソドックスな黒のベースカラーに落ちつきました。

女子向けではアクア(水色)やパープルの人気は落ち着き、以前から人気のブラウン系カラーが流行です。

定番の赤系もどちらかというとピンクに近い色味が売れているようです。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

実際のところラン活のピークは7月~10月と言われています。

人気ランキング上位の工房系などのブランドは夏休み前に売り切れてしまうことも少なくありません。

引用:http://www.motomessut.com/faq/soldout.html

なので工房系など少量生産のブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてことも考えられます。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

夏休みが近づき「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活に際して気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

実際に7割近くの人が3万円台~5万円台を選んでいるというデータもあります。

世の中には1万円台の製品もあるようですが3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいのでオススメとのことです。

相場より安いものだと気持ち的には不安に思ってしまいますよね。

小学校卒業後に財布やパスケースなど生活環境に合わせてやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

居間での学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない部分を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一段をランドセル用に使う、床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

お子さんが小学校を卒業した際に困るのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは小学校在学中の長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れ6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てることができず形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

そのため、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるなど形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは孫とみられる子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に選んでいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近なイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので想定していなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

小学校への入学時は教科書を揃えたり学校によっては制服など思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルはその中でもランドセルは価格に幅がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方にアドバイスを聞くと3万円以上の製品にしておくとある程度品質は安心していいようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

その中でもなるべく安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを活用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで飾られていたものや少し傷がついたもの、ただ、購入する際は必ず旧モデルの在庫品なのか、店頭サンプル品なのか確認しましょう。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスのロゴ付きのランドセルがある時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を調べると百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているので低学年の頃など元気一杯で扱いが荒い時期に傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんがロゴが反射プリントされているので暗い道などで存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になってもそのまま気にいるかはわかりません。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうという場合もあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを選んでいる方が多いようです。